《「うれえ」の音変化》

  1. 予測される悪い事態に対する心配・気づかい。うれえ。「後顧の―」

  1. 嘆き悲しむこと。憂鬱 (ゆううつ) で心が晴れないこと。うれえ。「―に沈んだ顔」

[補説]ふつう1は「憂い」、2は「愁い」と書く。また、中世以降「うれえ」に代わって「うれい」の語形が多く用いられるようになり、現在は「うれい」が一般的。

出典:gooニュース

出典:青空文庫