• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 義太夫節の語り方の一つで、多くは一段の終わりにあって、愁嘆を表すもの。また、そのときの三味線の手。

  1. 歌舞伎下座音楽の一つで、三味線の独奏による、愁嘆を表す効果音楽。ふつう、主役が愁いをこめて花道を引っ込むときに、立三味線が幕外へ出て演奏する。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉