• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「たてしゃみせん」とも》長唄・浄瑠璃などで、2挺 (ちょう) 以上の三味線で演奏する場合、その首席として他をリードする演奏者。また、その三味線奏者としての格式。たてざみせん。

[美術・音楽/音楽]カテゴリの言葉