[名]
  1. 数量程度優劣などの比較で、それより上の範囲であること。数量では、その基準をも含む。「七〇歳―の老人」「期待―の大活躍」「君―の実力がある」⇔以下

  1. それより前に述べたこと。「―のとおり相違ありません」⇔以下

  1. 合わせて。合計。「男性八名、女性五名、―一三名」

  1. 手紙目録・箇条書きなどの末尾に記して「終わり」の意を表す。

  1. (活用語の連体形に付いて接続助詞のように用いる)…の上は。…からには。「決定した―、変更しない」

  1. 御目見 (おめみえ) 以上」の略。

[副]どうしても。まるっきり。
    1. 「神さまなんかに聞いて見たって、―分 (わかり) ッ子ない」〈漱石坑夫

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉

[数学/数学の言葉]カテゴリの言葉

出典:gooニュース

出典:青空文庫

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。