• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

仏語。逆境と順境。苦を感じる境界と楽を感じる境界。愛・憎など、順と逆との関係をいう。

「常 (とこ) しなへに―につかはるる事は、ひとへに苦楽のためなり」〈徒然・二四二〉

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉