[名]
  1. 仏語。大地の最下底のところ。大地がある金輪の一番下、水輪に接するところ。金輪奈落。

  1. 物事の極限。ゆきつくところ。

    1. 「逢ひ初めし時の誓文を―と思ひつめ」〈浄・薩摩歌〉

[副]
  1. (あとに打消しの語を伴って用いる)強い決意をもって否定する意を表す語。絶対に。断じて。「金輪際承知しない」「もう金輪際ごめんだ」

  1. 極限まで。どこまでも。とことんまで。

    1. 「聞きかけたことは―聞いてしまはねば、気がすまぬ」〈滑・膝栗毛・六〉

[補説]書名別項。→金輪際

車谷長吉の短編小説。また、同作を表題作とする短編小説集。小説集は平成11年(1999)刊行で、ほかに「白黒忌」「児玉まで」などの作品を収める。

出典:青空文庫