《「ども」は接尾語で、本来は複数であるが、今では多く単数に用いる》

  1. 年のいかない幼い者。児童。小児。わらべ。わらんべ。また、多くの子。子ら。「幼稚園の子供」⇔大人

  1. 親がもうけた子。むすこやむすめ。「子供の教育費」

  1. 動物などの子、また、その幼いほう。「パンダの子供が生まれた」

  1. 行動などが幼く、思慮が足りない者。「からだは一人前だが、考えることは子供だ」⇔大人

  1. 目下の若い人々に親しく呼びかける語。

    1. 「いざ―早くやまとへ大伴の三津の浜松待ち恋ひぬらむ」〈・六三〉

  1. 江戸吉原で遊女が小間使いにした幼女。かぶろ。

  1. 近世、男色を売った年少の歌舞伎役者。陰間 (かげま) 。子供衆。

  1. 江戸深川や京坂の遊里で、抱えの遊女をいった語。

    1. 「―は揃うて居るなり、女共も能くいたします」〈洒・辰巳之園

出典:青空文庫

出典:gooニュース