[名](スル)
  1. 仏語。世の人を救うために人の姿となって姿を現した。応身 (おうじん) 。

  1. 神仏などが姿を変えてこの世に現れること。また、そのもの。「神の―」「悪魔の―」

  1. 抽象的で無形の観念などが、形をとって現れたもの。「美の―」

  1. 歌舞伎で、化け物などのこと。また、それに扮 (ふん) するときの隈取 (くまど) り

出典:青空文庫