[名](スル)
  1. 陰影や濃淡などで境目をつけること。また、そのもの。

  1. 東洋画で、輪郭に沿って、水墨や彩色をぼかして描くこと。立体感などを表す効果がある。暈渲 (うんせん) 。

  1. 歌舞伎で、人物の性格や表情などを強調するために施す化粧法。赤・青・黒色などの線で顔面を彩ること。また、その模様。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉

出典:青空文庫