[動サ五(四)]

  1. もとの良好な状態に戻す。

    1. ㋐もとのようすに復させる。「気分を―・す」「化粧を―・す」

    2. ㋑もとどおりに役立つようにする。修復する。「故障を―・す」「雨漏りの箇所を―・す」

    3. ㋒(ふつう「治す」と書く)病気やけがを回復させる。治療する。「頭痛を―・す薬」「虫歯を―・す」

    4. ㋓(近畿・九州などで)物をかたづける。しまう。「ふとんを―・す」

  1. 良好な状態に改める。

    1. ㋐好ましいようすに整える。「枝ぶりを―・す」「姿勢を―・す」

    2. ㋑適切なものに改める。正す。「誤記を―・す」「条文を―・す」

    3. ㋒より上位の位置に移し据える。「下座から上座に―・す」

  1. 別の状態に変える。

    1. ㋐対応するものと置き換える。「英文を和文に―・す」「新字体に―・す」「メートル法に―・す」

    2. ㋑別様のものに整えかえる。「コートをジャンパーに―・す」「進路に沿って向きを―・す」

    1. の型で、横に向いた位置から、正面に向き直る。

    2. 浄瑠璃で、他の音曲から取り入れた節(謡・歌など)を浄瑠璃本来の節に戻す。また、二上り三下りを本調子に戻す。

    3. 歌舞伎で、開幕の合図に狂言方が拍子木を二つ打つ。これをきっかけに開幕の下座音楽が始まる。

  1. (動詞の連用形に付いて)もっとよくなるように、改めてもう一度する意を表す。「何度も見―・す」「やり―・す」

[可能]なおせる
[用法]なおす・[用法]あらためる――「英文を日本語に直す(改める)」のように、ある状態を他の状態に変える意では相通じて用いられる。◇「なおす」は異常な状態にあるものを正常な状態に戻すことで、「故障を直す」「病気を治す」などと使う。◇「改める」は、「規則を改める」「態度を改める」のように、今までとは違う新しい状態に変えること。「尺貫法をメートル法に直す」は換算するの意であるが、「尺貫法をメートル法に改める」といえば制度を変える意になる。◇類似の語「正す」は、誤りを正しくする意では「直す」と、きちんとするの意では「あらためる」と相通じる。「誤字を直す(正す)」「姿勢をあらためる(正す)」

[演劇・映画/能・狂言]カテゴリの言葉

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉

出典:gooニュース

出典:青空文庫