1. 歌舞伎劇場の舞台設備の一。観客席を縦に貫いて舞台に至る、俳優の出入りする道。寛文(1661~1673)ごろ発生し、元文(1736~1741)ごろ完成した。下手にある常設のものを本花道、上手に仮設されるものを仮花道とよぶ。もとは役者に花(祝儀)を贈るための通路であったという。

  1. 《平安時代、相撲 (すまい) の節 (せち) で力士が花をつけて入場したところから》相撲場で、力士が支度部屋から土俵に出入りする通路。「東西の花道」

  1. 世の注目や称賛が一身に集まる華やかな場面。特に、人に惜しまれて引退する時。「引退の花道を飾る」

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉

[生活/スポーツ]カテゴリの言葉