《「てがし」とも》「てかせ」に同じ。

「行くほどはなはの鎖につながれて思へば悲し―首かし」〈聞書集〉

出典:青空文庫