1. 放すこと。多く、複合語の形で用いる。「手―」「野―」

  1. 動詞の連用形に付いて、その動作をしたままで放置する意を表す。前に促音が挿入されて「ぱなし」の形をとることが多い。「開け―」「置きっ―」「やりっ―」

出典:青空文庫