1. 人の道にかなっていて正しいこと。「―を貫く」「―の味方」

  1. 正しい意義。また、正しい解釈。「四書―」

    1. 「其実はあたの語の―に非るなり」〈西村茂樹明六雑誌三三〉

  1. 人間の社会行動の評価基準で、その違反に対し厳格な制裁を伴う規範。

出典:gooニュース

出典:青空文庫