1. 渋い味。「渋を抜く」

  1. 柿渋」の略。「渋をひく」

  1. 栗の実などの外皮の内側にある渋みをもった薄い皮。渋皮。

  1. 物からしみ出る赤黒い液体。

  1. 水などのあか。さび。水渋 (みしぶ) 。「渋鮎 (あゆ) (=錆 (さび) 鮎)」

  1. 割に合わないこと。また、それを不満とする気持ち。

    1. 「まさかに―の出るやうな乱暴もして歩かぬが」〈伎・上野初花