• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

歌舞伎狂言世話物。7幕。河竹黙阿弥作。明治14年(1881)東京新富座初演。2世松林伯円 (しょうりんはくえん) の講談「天保六花撰 (てんぽうろっかせん) 」の脚色で、河内山宗俊 (こうちやまそうしゅん) のくだりと、三千歳 (みちとせ) ・直侍 (なおざむらい) のくだりが個別に上演されるが、後者は、ふつう「雪暮夜入谷畦道 (ゆきのゆうべいりやのあぜみち) 」の外題を用いる。通称「河内山」「河内山と直侍」。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃の作品]カテゴリの言葉