河竹黙阿弥の解説 - 小学館 大辞泉

[1816~1893]幕末・明治初期の歌舞伎脚本作者。江戸の人。本姓、吉村。幼名、新七。俳号、其水 (きすい) 。5世鶴屋南北に入門、勝諺蔵 (かつげんぞう) を名のり、のち2世河竹新七を襲名。晩年は古河黙阿弥と称した。江戸歌舞伎を大成、近代の劇への橋渡しをした人で、世話物を得意とし、散切 (ざんぎり) 物活歴物も試みた。作「蔦紅葉宇都谷峠 (つたもみじうつのやとうげ) 」「三人吉三廓初買 (さんにんきちさくるわのはつがい) 」「天衣紛上野初花 (くもにまごううえののはつはな) 」など。

河竹黙阿弥の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
武蔵国江戸日本橋(現・東京都中央区日本橋)
生年月日
1816年3月1日 うお座
没年月日
1893年1月22日(享年76歳)

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃の演者・作家]カテゴリの言葉