• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

河竹新七の解説 - 小学館 大辞泉

歌舞伎脚本作者。

(初世)[1746~1795]幼名、竹三郎。俳号、能進。江戸で活躍し、浄瑠璃世話物に長じた。作「垣衣恋写絵 (しのぶぐさこいのうつしえ) 」など。
(2世)河竹黙阿弥の前名。
(3世)[1842~1901]江戸の人。本名、菊川金太郎。前名、竹柴金作。俳号、是水。河竹黙阿弥の高弟。江戸で活躍し、講談・人情噺 (ばなし) などの脚色物が多い。作「塩原多助一代記」「籠釣瓶花街酔醒 (かごつるべさとのえいざめ) 」など。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃の演者・作家]カテゴリの言葉