鶴屋南北の解説 - 小学館 大辞泉

歌舞伎狂言作者。3世までは俳優。

(4世)[1755~1829]江戸の人。大 (おお) 南北ともいう。本名、伊之助または勝次郎。別号、姥尉輔 (うばじょうすけ) 。初世桜田治助に学んで桜田兵蔵と称し、のち沢兵蔵・勝俵蔵を経て、文化8年(1811)南北を襲名。世話物を得意とし、すぐれた舞台構成と写実的作風の傑作をのこした。代表作「お染久松色読販 (おそめひさまつうきなのよみうり) 」「東海道四谷怪談」など。
(5世)[1796~1852]4世の女婿の養子。孫太郎南北・小南北ともいう。3世瀬川如皐 (せがわじょこう) 河竹黙阿弥の師。