• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

桜田治助の解説 - 小学館 大辞泉

[1734~1806]江戸中期の歌舞伎作者。初世。江戸の人。俳名、左交。上方狂言にも習熟し、警句・しゃれ・風刺に富んだ明るさの中にも翳 (かげ) りのある作風が特徴。4世松本幸四郎らと提携し、江戸歌舞伎に世話狂言を確立した。代表作「御摂勧進帳 (ごひいきかんじんちょう) 」「伊達競阿国戯場 (だてくらべおくにかぶき) 」など。