• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

歌舞伎世話狂言の一種。明治初期の散切り頭・洋服姿などの新風俗を取り入れたもの。明治5年(1872)から同30年代まで作られ、河竹黙阿弥の「島鵆月白波 (しまちどりつきのしらなみ) 」などが代表作。散切り狂言。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉