勧進2の趣意を書いて、寄付を集めるのに使う帳面。

[補説]作品名別項。→勧進帳

歌舞伎十八番の一。一幕。3世並木五瓶 (なみきごへい) 作。4世杵屋 (きねや) 六三郎作曲。天保11年(1840)江戸河原崎座で7世市川団十郎弁慶で初演。能の「安宅 (あたか) 」を、長唄を地として歌舞伎化したもの。富樫左衛門の守る加賀国安宅の関を、東大寺勧進山伏に身をやつした源義経主従が弁慶の知略で通過する。