【お知らせ】メンテナンスのため、2024年6月25日(火) 10:00~14:00(予定)は「ブックマーク機能」と「難読漢字遊戯」がご利用いただけません。
あらかじめご了承ください。

歌舞伎十八番の一。荒事 (あらごと) の代表的演目。元禄10年(1697)江戸中村座の「参会名護屋」で初世市川団十郎初演。毎年の顔見世狂言に使われた趣向で、明治以後に一幕物として独立した。

[副](スル)《「しまらく」の音変化》
  1. すぐではないが、あまり時間がかからないさま。少しの間。しばし。「—お待ちください」「—して主人が現れた」

  1. 時間的にある程度長く続くさま。当分。「好天は—続くだろう」「—は当地滞在する」

  1. 一時的であるさま。仮に。「その件は—おくとして」

    1. 「—衣裳にたきものすと知りながら」〈徒然・八〉

出典:gooニュース

出典:青空文庫

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。