石川県小松市西部の地名。北陸道の宿駅。
謡曲。四番目物観世小次郎信光作。奥州へ落ちる義経主従は、途中、安宅の関で富樫 (とがし) に見とがめられるが、弁慶の機転で無事通過する。

[地理/日本地名/中部]カテゴリの言葉

[演劇・映画/能・狂言の作品]カテゴリの言葉

出典:青空文庫