あれこれと考えること。また、思いわずらうこと。「物思いに沈む」「物思いにふける」

出典:青空文庫