• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[終助]《連語「ものか1」から》連体形に付く。きっぱりと否定する意を表す。「君などに負けるものか」「二度と来るものか」
[補説]くだけた話しことばでは「もんか」ともなるが、ともに改まった場や、目上の人に対しては用いない。ていねいに言うときは「ものですか」となる。
[連語]《形式名詞「もの」+係助詞「か」》
  1. 意外なことに感動したり、驚いたりする意を表す。「なるほどそういうものか」

    1. 「世の中は数なき―」〈・三九六三〉

  1. 反語の意を表す。

    1. 「かくけしからぬ心ばへはつかふ―」〈・帚木〉

出典:gooニュース