1. しなくてはならない事柄。用件。「―を言いつける」「大事な―がある」

  1. 大便・小便をすること。用便。

    1. 「むくむくと起きて―かなゆるふりにて」〈浮・曲三味線・四〉

  1. 江戸深川の遊里で、芸娼妓が月経や病気、また私用などのさしさわりのために休むこと。

    1. 「二三日―で居たから、さっぱり酒気がない」〈人・梅児誉美・初〉

出典:青空文庫