[名]
  1. 他の語の上に付いて複合語をつくる。

    1. ㋐白色である意を表す。「―雲」「―菊」

    2. ㋑色や味などを加えていない、生地のままである意を表す。「―木」「―焼き」

    3. ㋒純粋である意を表す。「―真剣」

    4. ㋓うまくごまかしたり、とぼけたりする意を表す。「―とぼけ」

  1. 知らないこと。無関係であること。「―を言う」

  1. 善良を装っている無頼の徒。

    1. 「折から向ふへ万八が、―ども引き連れ走り寄る」〈浄・河原達引

[名・形動ナリ]
  1. 作り飾らないこと。また、そのさま。

    1. 「はたらきのねえ生まれつきで、三文の工面もむづかしうござりやすと、―でいふ方がいい」〈洒・二筋道

  1. まじめで正直なこと。また、その人やそのさま。

    1. 「―な事をいうて悦ばす仕掛けを工夫せらるべし」〈浮・禁短気・五〉