Château de Chillon》スイス西部、ボー州の都市、モントルー郊外、レマン湖上にある城。9世紀にアルプス南北を結ぶ街道の関所として建造。後にサボイア家の居城となり、14世紀初頭に改築されて現在の姿になった。英国の詩人、バイロンの叙事詩「シヨンの虜囚」の題材となったことで知られる。