《「あいやい」とも》

  1. 互いに優劣のないこと。

    1. 「少しのものも―にほどこして」〈倉田出家とその弟子

  1. 物事を一緒にすること。二人以上で、一つの物を所有し使用すること。

    1. 「仏壇の御あかしと―で夜業 (よなべ) するのぢゃ」〈松翁道話・五〉