1. 目。まなこ。

    1. 「委員等が最も其の―を注で、熟視するの人物は」〈竜渓経国美談

  1. ある物事の最も重要な点。「会議の眼目」

出典:青空文庫