• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

物事の本質は問題にならないが、その程度が適当かどうかが問題となること。物事にはおのずから限度があるということ。「正直なのもよいが程度問題だ」