• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

はばたいた羽が触れること。

「ほととぎす鳴く―にも散りにけり盛り過ぐらし藤波の花」〈・四一九三〉

[補説]例文の原表記「羽触」を「はふり」と読む説もある。