[名](スル)
  1. 年をとって頭脳や身体のはたらきがおとろえること。老いぼれること。「近頃―して人の名前が出てこない」

  1. (「亡六」とも書く)上方 (かみがた) で、武家奉公の下男。折助 (おりすけ) 。渡り中間。

    1. 「上方にて―といふは、江戸にていふ折助といふことなり」〈滑・膝栗毛・七〉

  1. 上方で、けんか、ゆすりなどをする者。

    1. 「江戸で伝法、上方で―などといふあばずれがあれど」〈滑・浮世風呂・四〉

出典:青空文庫