《「でんぼう」とも》

[名・形動]3原義
  1. 粗暴無法な振る舞いをすること。また、その人や、そのさま。「—な男」

  1. 勇み肌であること。また、その人や、そのさま。多く、女性にいう。「意気がって—な口をきく」

  1. 無料見物・無銭飲食をすること。また、その者。江戸時代、浅草寺伝法院寺男が、寺の威光をかさにきて、境内の見世物小屋や飲食店で無法な振る舞いをしたところからいう。

    1. 「留場へ出る—が所 (とこ) まで探しあるいたが」〈滑・浮世風呂・三〉

[名]師が弟子に仏法を授け伝えること。

[宗教・思想]の言葉

[仏教・儒教・ヒンズー教など]の言葉

出典:gooニュース

出典:青空文庫

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。