• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

産婦人科医の荻野久作が大正13年(1924)に発表した、排卵期と受胎期についての学説。月経周期の長短にかかわらず、次回予定月経前12~16日の5日間が排卵期、12~19日の8日間が受胎期であるとする。受胎調節に応用される。