【お知らせ】メンテナンスのため、5/26(火)10時〜15時は閲覧履歴・ブックマーク機能がご利用いただけません。
あらかじめご了承ください。
  • 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《世間を回り歩くものの意》

  1. 銭 (ぜに) 。料足。おあし。〈文明本節用集〉

  1. 費用。必要な経費。また、それに充てる品物。

    1. 「毎年維摩会 (ゆいまゑ) の―たるのみにあらず」〈太平記・三九〉

  1. 税金。分担金。

    1. 「寺道場に―をかけ、僧物施料をむさぼる」〈太平記・三五〉