3が原義》

  1. 人が集まり、生活している場。自分がそこで日常生活を送っている社会。世の中。また、そこにいる人々。「世間を騒がした事件」「世間がうるさい」「世間を渡る」

  1. 人々との交わり。また、その交わりの範囲。「世間を広げる」

  1. 仏語。生きもの(衆生 (しゅじょう) 世間)と、それを住まわせる山河大地(器 (き) 世間)、および、生きものと山河大地を構成する要素(五陰 (ごおん) 世間)の総称。

  1. 人の住む空間の広がり。天地の間。あたり一面。

    1. 「俄 (にはか) に霧立ち、―もかいくらがりて」〈大鏡・道長下〉

  1. 僧に対する一般の人。俗人。

    1. 「ある律僧、―になりて子息あまたありけるうち」〈沙石集・三〉

  1. 社会に対する体面やそれに要する経費。

    1. 「―うちばに構へ、又ある時は、ならぬ事をもするなり」〈浮・永代蔵・四〉

  1. この世の生活。財産。暮らし。境涯。

    1. 「武州に―ゆたかなる、所の地頭あり」〈沙石集・九〉

出典:青空文庫

出典:gooニュース