• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[名](スル)対象に深く没入して、対象を正しく認識すること。
  • 「実相に―して自然・自己一元の生を写す」〈茂吉・短歌に於ける写生の説〉
[補説]斎藤茂吉の造語。