《「さえ」は遮る意》悪霊が侵入するのを防ぎ、通行人や村人を災難から守るために村境・峠・辻などに祭られる神。みちの神・たむけの神・峠の神・岐 (ふなど) の神・道祖神 (どうそじん) ・さいの神などの言い方がある。

出典:青空文庫