担当する役目がなくていること。また、役目をやめさせられること。

「―の華族は己を敬する者なきを憂い」〈福沢学問のすゝめ

出典:青空文庫