• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

声と姿。

「―幻を去らずして、幾 (ほとほ) と幽明の界を弁ぜず」〈紅葉金色夜叉