• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
尾崎紅葉の小説。明治30~35年(1897~1902)発表。明治36年(1903)新続編を発表、未完。主人公間貫一 (はざまかんいち) は、許婚 (いいなずけ) の鴫沢宮 (しぎさわみや) が富に目がくらんで変心したことを知り、高利貸しになって宮や社会に復讐 (ふくしゅう) しようとする。
を原作とする映画。昭和7年(1932)公開。監督は野村芳亭、出演は林長二郎、田中絹代ほか。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉

[演劇・映画/演劇・映画の作品]カテゴリの言葉