• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

国語の各音、また五十音図の各行の音に固有の意義を認めて語義を説き、語源解釈をしようとする説。平田篤胤 (ひらたあつたね) などにより、主に江戸時代に唱えられた。