しょ‐し【所思】 の意味

  1. 心の中で思っている事柄。思うところ。考え。所懐。「ここに所思の一端を述べる」
  • 名詞
  • しょ‐し【所思】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・道太はあの時病躯をわざわざそのために運んできて、その翌日あの大地震があったのだが、纏めていった姪の縁談が、双方所思ちがいでごたごたしていて、その中へ入る日になると、物質的にもずいぶん重い責任を背負わされることになるわけであった。

      徳田秋声「挿話」