出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. したこと。行為。所業。所為。現代語では、多く人にとがめられるような行為についていう。「あいつの―に違いない」

  1. ならわし。いつものこと。

    1. 「巣に棲 (す) み穴に住む、―惟 (これ) 常となれり」〈神武紀〉