1. ある意思をもってするおこない。「親切な行為」「慈善行為」

  1. 哲学で、目的観念を伴う動機があり、思慮・選択によって意識的に行われる行動。

  1. 権利の得失・移転など法律上の効果を生じさせる原因となる意思活動。

[用法]行為・[用法]行動――「君の行為(行動)は許せない」「軽率な行為(行動)は慎むこと」のように、単に「おこない」の意では相通じて用いられる。◇「行為」は個を動作の主体とする事柄に用いることが多く、「親切な行為」「職務上の行為」「会社の行為」などという。この場合、「行動」に置き換えることはできない。◇また、「行為」を「慈善行為」「寄付行為」のように一般的・抽象的な意味でも使うのに対して、「行動」は身体を動かしての具体的動作を表し、「行動を起こす」「不審な行動をする人物」などのように用いる。◇類義語に「おこない」があり、「日ごろの行い」「よくない行い」のように評価の対象とする意味を込めて用いられる。

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉

[社会/法律]カテゴリの言葉

出典:青空文庫

出典:gooニュース