[名](スル)
  1. 主義・理論などを実際に自分で行うこと。「理論を実践に移す」

  1. 哲学で、

    1. ㋐人間の倫理的行為。アリストテレスの用法で、カントなどもこの意味で用いる。

    2. ㋑人間が外界についてもっている自らの知識に基づき、これに働きかけて変革していく行為。マルクスエンゲルスによって明らかにされた意味。

[用法]実践・[用法]実行・[用法]実施――「計画を実践(実行・実施)する」のように、実際に行う意では相通じて用いられる。◇「実践」は理論・徳目などを、みずから実際に行う場合に多く使う。「理論と実践」「神の教えを実践する」など。◇「実行」は最も普通に使われるが、倫理的な事柄についてはあまり用いない。「親孝行の実践」に、「実行」を用いると不自然な感じになる。◇「実施」は、あらかじめ計画された事・行事などを実際に行う意で、「減税計画を実施する」「試験の実施期間」などと用いる。

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉

出典:青空文庫

出典:gooニュース