1. 自覚や意志に基づいて行動したり作用を他に及ぼしたりするもの。「動作の主体」⇔客体

  1. 物事を構成するうえで中心となっているもの。「食事療法を主体に種々の治療を行う」「市民主体の祭典」

  1. 《語源の(ギリシャ)hypokeimenōnは、根底にあるもの、基体の意》哲学で、他に作用などを及ぼす当のもの。認識論では主観と同義。個人的、実践的、歴史的、社会的、身体的な自我の働きが強調される場合、この主体という言葉が用いられる。→主観

出典:青空文庫

出典:gooニュース