出典:デジタル大辞泉(小学館)

物事の真実の姿を見抜く、鋭い心の働き。心の目。しんげん。「心眼を開く」

出典:青空文庫